会計業務を効率化して企業の成長へと繋げる

複雑化する経理業務

企業が成長することにより、複雑化していくのが経理業務です。多くの取引先が加わる事や業務分野の拡大で、経理業務が忙しくなることは嬉しいことでしょう。しかし、その分経理の業務を確実にこなしていく必要があります。

会計業務をスムーズに

会計業務をスムーズにするために欠かせないのは会計ソフトの導入です。様々な会計ソフトが展開されている中で、より最適なソフトを選ぶ方法をQ&A形式で紹介していきましょう。

会計ソフトのQ&A

導入体型は?

会計ソフトの多くはソフトを購入してインストールするパッケージ型か、ネット上のサービスを利用するクラウド型に分かれます。大まかに分けるとパッケージはほぼ初期費用のみで運用することができます。度々のアップデートにも対応しています。それに対しクラウド型は月額のランニングコストが発生しますが導入までが楽で、常に最新の状態で使用することができます。

操作性をどう選べばよい?

会計ソフトには試用期間が用意されている物が多くあります。会計ソフトは日々の業務で頻繁に使用するものなので、なるべく操作しやすいものが最適です。試用期間での操作感覚の比較と実際に使用する現場の声を聞いて導入を決めましょう。

機能の違いは?

経理機能が主な機能となりますが、その他にも給与情報や経費の精算を管理することができるソフトがあります。付属の機能を利用して業務の効率化を図れるかに目を向けて導入を考えてみましょう。会計以外にもバックオフィスを効率化するためなら、拡張機能を含むかどうかも視野に入れて導入しましょう。悩める企業の救世主とも言えます。

どうやって選べばよいか

会計ソフトは企業に必ず必要不可欠なものです。しかし導入コストやクラウド型はランニングコストがかかるため、導入や運用コストを考えて、より企業に機能的なソフトを導入しましょう。導入することで、どのような業務が削減されて、低コスト化が進むかを視野に入れて、コストパフォーマンスを考えての会計ソフトを選びましょう。

サポート体制は?

どんな便利な会計ソフトを導入しても使いこなせなければもったいないものです。ソフトの操作サポートを丁寧に行なってもらえる体制が組まれているソフトに注目して会計ソフトを選びましょう。また、サポートの中には仕訳などの経理業務に関するサポートを行なってもらえるソフトがあるため、導入の参考にしてみてはどうでしょうか。

経理業務効率化を図る

男性

導入を考える時には

導入コストや機能面を比べて会計ソフトを導入しましょう。会計ソフトで企業の財務状態を管理することで、新たなコストカットの方法や会社のビジョンが見えてくることでしょう。

起業の際に導入を

会計ソフトは長期的な試算を生むことができます。起業を考えている人も、先に会計ソフトを導入して、初年度からどのように企業が運転してきたかなどを簡単にかつ明確に振り返ることができるので、これからの事業計画を立てるためにも役立つことでしょう。

企業に合ったソフトを

会計ソフトを導入するとともに、業務の効率化を進めたい分野を洗い出しましょう。会計ソフトと連携可能なソフトが様々あり、導入の際には他の業務効率化ソフトも視野に入れて選びましょう。

万全のサポート体制を

会計ソフトは万全のサポート体制を取っているソフトが多いです。ソフトに関してのサポートはもちろん、企業会計に関してのサポートまで広げている会社もあります。ソフト導入時にはそのようなサポート面を軸に選んでみることも大切です。